首のイボに使っても大丈夫なイボコロリの種類

イボと言えばイボコロリですよね?
親の世代なら誰でも知っているイボコロリなんですけど
これが首のイボに使えるかどうか調べてみました。

■首のイボに使えるイボコロリの種類

イボコロリと言ったら、スピール膏と思いませんか?
私はそんなふうに考えるんですけど、どうしても魚の目というイメージが強いです。

でも、最近イボコロリはさまざまな種類が発売されていて
魚の目以外にも様々なイボに使えるものが薬局で販売されています。

イボコロリの種類は昔からあるシールのような貼り薬タイプと
塗り薬、内服薬である状態の三つに分かれていて、イボの状態によって
使い分けることができます。

種類が豊富なイボコロリなんですけど、この中で首のイボに使えるものは
一つしかなくて実は、錠剤しか使うことができないんですよ。

なぜかというと首は、皮膚が敏感で薄くあまり強い薬を使うことができなくて
強いシールであるシートもはがす時に、皮膚がはがれてしま恐れが
あるので使えないんです。

それでも使っている人がいますが、しっかりと薬の裏側に首などに
使ってはいけませんと書かれているので守りましょう。

イボコロリの錠剤は飲んで大丈夫です。

というか、イボコロリを使って首のイボを取り除こうと思ってるなら
錠剤しか使えないのが現状です。

薬なんですけれど、中身は漢方薬でもおなじみのヨクイニンで
美肌効果があり化粧品にもよく使われている安全なものです。

効能は、肌の新陳代謝を高め自分の体以外の者が入り込んでいると
排除するような働きがあるのでその効能を生かして、イボを取り除くことを
期待して飲みます。

内服薬なんですが、漢方薬のためすべての人に効果があるわけではありません。

病院でも処方される薬なんですが、病院の先生によってはきちんと
効果が表れる人と、全く効果がない場合がありますと説明する
良心的な病院もあります。

その通りで、イボはその種類が100種類近くのウイルスがありものによっては
効果があったり、なかったりするので自分のイボのタイプでまったく効果が
あらわれないこともあるんです。

■イボコロリの錠剤を飲んだ場合どのくらい飲み続けるべきか?

自分の自己判断で薬局などで、薬局などでイボコロリの錠剤を飲んでみて
どのくらい飲み続けるかの目安は3ヶ月から半年です。

漢方薬は、病院で処方される薬と違ってゆっくりとしか効果が表れず
本当に効いているのかどうか見極めが難しいです。

イボコロリの錠剤もほとんど副作用のない優しいものなので、効果はあるのか
自分のイボに適しているのか見極めるまでに時間がかかります。

病院で処方された場合は医者と相談しながら考えるのですが
自分で買って飲む場合は、3ヶ月くらい飲んで全く効果がない場合は、
あきらめて別の治療法を考えるといいかもしれません。

けれどももしかしたら、4ヶ月目で効果があるかもしれないので一概に
この時期とは言えないのが難しいところなんです。

人によってはせっかちで、たった1ヶ月でやめてしまう人もいますが
さすがにそれは早すぎるので、飲む前のイボと飲み始めてからのイボを
よく観察しながら飲みましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ