手軽に首のイボを市販薬で取るには何がいいのか?

首のイボが出来た場合、市販薬で取れると楽でいいですね。

実際に薬局で売っているお薦めの市販薬や、ネットで買えるものなどを
調べてみました。

■首のイボに使える市販薬は限られている

イボと言えば、イボコロリやスピール膏を思い浮かべる人が多いのですが
首は体の皮膚の中でも特に皮膚が薄くて、あまり刺激に耐えられないので
使えるものが限られています。

薬局で売られているイボの薬は、残念ながらほとんどが使えなくて
シートタイプ、塗るタイプなどどちらも使うことができないんです。

両方とも薬の効き目が強すぎて、首に使ってしまうと負けて炎症を
起こしてしまう可能性があるので進めることができません。

薬の裏側を見ると、首に使うなとはっきり書かれているので
使うなと書かれている薬は使わないことです。

でも、ネットでは液状の強いイボコロリを首のイボに使う裏技とかを
紹介しているのを見かけます。

どうしてもやりたい場合は、自己責任で何かあった場合は自分の力で病院に行って
誰にも文句を言わないという気持ちでやるくらいの覚悟があるなら
やってもかまいませんが、ふつうは勧めません。

では、どんな市販薬なら首のイボに使うことができるのでしょうか?

薬局に実際に薬として売られているイボの市販薬で、首のイボに使えるのは
内服薬である漢方薬なら安全に使うことができます。

漢方薬といってもハトムギと同じ成分であるヨクイニンなので
ほとんど副作用がなく、どこの薬局でも売られているのが特徴です。

薬剤師さんに相談すればきちんと説明してくれますし、植物なので
それほど強い副作用はありません。

ただ、漢方薬なので効き目が表れるまで何ヶ月か飲み続けないと
効果は出ないというデメリットがあるので、ゆっくりと実践します。

■薬以外の首のイボのケア

首のイボは、実はほとんどが老人性のイボと呼ばれていて乾燥や
紫外線の指摘などが原因でなることが多いです。

病院などで一時的に取り除くことができても、根本的なことを解決しないと
何度でも繰り返しできてしまうんです。

イボは肌のサイクルが乱れたり、免疫力を近づきにできてしまうので
いつでも肌の状態が元気であればイボを防ぐことができるということになります。

首の皮膚を元気にするには、肌に栄養を与えてあげるとか、たっぷりと保湿を
心掛けてあげると免疫力が高い元気な素肌になります。

どんなに年齢が上の方でも、首のイボに理想的な化粧品などを使って
保湿を心掛けていると肌がきれいになり、加齢が原因である首のイボを
取り除くことができたり予防できます。

病院に行ってとってもらうのも簡単でいいですが、しっかりケアしないと
何度でも出来てしまうので、自宅でも自分でできること探さないと
根本的な解決になりません。

首は意外に、自分以外の人によく見られる部分なので恥ずかしくないように
いつもきれいにしておきたいですね。

最近はしっかりと保湿して全身に使えるような、安全な首のイボ専用の
ジェルなどが販売されているので、市販薬に頼るのもいいですが
このような化粧品に頼るのもいいと思いますよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ